読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミティア&文学フリマおつかれさまでした。

気づけばもう五月。

もはや定例となった5/5コミティアに参戦してまいりました。

今回、新刊はありませんでした。

その代わり?といってはなんですが、ヒロイン☆ふぇすたという企画に参加してきました。

各作品のヒロインを集めて、紹介し、当日はサークルスタンプラリーをおこなうというもの。

なかなか企画としてはおもしろいのですが、なにせ、トランスポーターの在庫がないもので、ドカンと大きく出るわけにはいきませんでした。なので、急遽既刊である「氷の花の香りは」をひっぱりだしてきました。

この本、奥付見ると悲しくなりますが、当サークル一目立つ本には変わりないです(苦笑

 

あほいすぃにはチラシ用にイラストも描きおこしていただいたんですよ。

ブヒ絵担当ということで、今回は”はいてない”になりました。

チラシデザインしてくれたkyozyさんには特になにも注文してないのに、わざわざケツが見える位置に配置してあった時は笑ってしまった。

 

ですが、売り上げ的に結びつかず。なかなか手に取ってもらえなかったですね。

とはいっても、トランスポーター読みました、って方にはこの話が関連するストーリーですよと伝えると、手に取っていただける確率がぐんとあがりました。

やはり対話って大事ですね。見た目では買いにくくても、伝えることにより、興味がひきだされる。不思議と興味が出れば表紙は気にならなくなるもので(?)

読者さんはキャラクターだって、覚えていないことが多い。ヴィジュアルを前面に出したつもりでも、そうはいっても、トランスポーターには表紙しかキャラクターがいないので、絵だけでは判別できないのでしょう。これがトランスポーターの外伝ですよとデカデカ書いて本編と一緒に並ばれば、また違うでしょう。(経験上、それほど変わらない気がする)

 

ともあれ、スタンプラリー、回る方もやってみて、結構楽しかったですよ。

 

で、文学フリマ

同日開催とか両方参加したい人にとってはハードすぎる。

もちろん、行きましたよ、滞在1時間なかったくらいですが。

佐藤さんの新刊と唐橋さんの日本史Cと文フリガイドを買ってだいたい満足。

コミティアに戻って、撤収作業+ヒロイン☆ふぇすた打ち上げ。

 

で、文学フリマ打ち上げにハシゴ。

 

次回は秋。新刊ひっさげて参加したいですね!!