読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文学フリマおつかれさまでした。 #bunfree

まずは第17回文学フリマお疲れさまでした!

 なんか1週たっちゃったけど。

当日の様子

f:id:mistic:20131106092214j:plain

 

 

 

 

 

無事新刊が発行できました~!!

おかげさまで好評いただきまして!

なんと持ち込み分1~2巻が完売してしまうという事態に!!

f:id:mistic:20131106092225j:plain

想定が甘くて、1~2巻をお求めの方には申し訳ないことをしてしまったです。

委託分を回収して、コミケに臨もうかなぁと考えております。

 

次回参加はC85 12/31火曜日(三日目) よ34a MisticBlue

 

****当日の記録と記憶****

なかなか寝付けない前日夜でした。

なんでだろう。最終巻とか言っちゃって、少しは緊張感あったのかな。

朝起きたら、雨が降ったりやんだりで困ったなあと思っていたら、ちょうど雨はやんでくれて、傘をあえてもっていかないという選択をとることができました。よかったよかった。これ以上荷物が増えるのは大変なんだよね・・・。本でぎっしり、手にはポスター。傘さすったってねえ。

 そんなわけで傘なしという勝負に出ました。

 会場である東京流通センターに行く前に、キンコーズでペーパーと看板刷ったりしながら、10時には到着。待ち合わせ時間にぴったり。

 モノレールのホーム降りたら、いいださん(創作文芸見本誌会場 HappyReading)や日野さん(@hino_modoki)がいらっしゃったり。

 後ろ姿を見て、いやどっかでみたことあるなあと思ったら、でした笑

 さて、MILDさん(@Mildstylek)はというと、電車遅れでいません。

 まあいつものことかということで入場し、設営。

 今回は入り口そばの壁配置。行ってみればシャッターの前。

 もっとポスター大きいのにすればよかったなあと思ったくらい、背中の壁は広いもんです。ポスターはA1を一回り小さい変形サイズなんですが、控えめすぎました。要工夫ですね。

 そんなわけで、設営が終わったころにMILD氏到着。

「なんか手伝うよ」「もう終わった」

 まあいつものことなので、次へ。

--

 軽くあちこち挨拶済ませ、順調に開場。

 開場してすぐ、カレー屋さんに向かいました。

 いつも最大手としてかなりの行列ができるので、早めの行動です。

 カレー屋にはすでに列ができていました。列に並んだら、目の前にじゅりいさん(@tohruy)がいて、おお、久しぶり!とか言い合ってました。

 売り子3人分のカレーを買い、戻ると何冊か本が売れています!!!

 んで、いつの間にか、小泉さん(@straycat_kaname)がMisticBlueのスペースに座って売り子やってましたね。おお、いつの間に。

--

 ありがたいことにたくさんの方が1~5巻セットを手にされていました。

 あるいは、やはりお試しにということで1~2巻が多かったですね。

 最終的には1~2巻が持ち込み分完売、在庫と委託分足しても1巻は20冊くらい。2巻はあと2~3冊です。次回イベントどうしようとうれしい悲鳴です。

--

 売り子やったり、あいさつにまわったり、買いものいったり、動き回っていることが多かったです。おかしいな、ずっと売り子やろうと思ったのに。

 

 ツイッターの文フリクラスタがだいたい揃っていることに感激しながら、あいさつまわりしてました。行ったり来たりでバタバタしてて、挨拶に行けなかった方には申し訳ないです。

 当日サークルチェックをした自分が悪いです、申し訳ない。

--

 で、今回はたくさんの方と交流できました。

 雲上回廊の秋山さんたちと合同打ち上げに混ぜてもらったんですが、自分の座ったテーブルの方、全員、フォロワーで名前を存じているという不思議な感じ。

  いやあ知り合いが増えているっていいね。

 あとはみなさんの本を読めればいいんだけど、なかなか時間がとれないので、ちまちまと読んでいきまする。

 このブログでも紹介するか、

Stray Cat | 創作文芸支援と同人誌感想 投稿サイト

に投稿するか迷うところ。

--

 しかしなんというか、

 今回の本ですが、内容的には終わってるんですが、全然終わった気がしなくて。

 今回、後日談的なエピローグがほとんどないんです。ツイッターでちょこっと提案があった、エピローグの追加(後日談など)などはいくらでもでてくるし。書くネタがないわけではないんだなあ。

 とはいっても、全く新しいのも書いてみたいし、いろいろ複雑ですね。 

 そのまえに、冬コミどうしよっかな・・・。

  トランスポーターはもともと、夏コミが最初。コミティアを渡り歩いて、

  終わりにしたのは文フリという。たった5冊だけど、随分長かったような。

  今回はこれまでとこれからと、いろいろ変わっていきそうな、感慨深いイベントだったね。分岐点とまではいわないけれど。

 変わらないのはこれからも、(ペースはどうであれ)なんらかの作品を書いていきたいよね。

 

 あーあ。次なに書こうかな。